Import Car Shop North Shore |ノースショア
最新ニュースはこちら
店舗紹介
第1回:今回は雪? アストロスタークラフトツーリング4WD

第2回:超キモチいい!

第3回:素晴らしきスモールカー  GMマティス

第4回:春のインプレッション ポルシェ カイエン
小さなクルマって楽しい!最近特にそう思うようになった。
大きなボディにフカフカなサスペンションでゆったりと態度も大きく走るのもたしかに気持ちの良いものだが、なんだか昔なつかしの”バブル的”雰囲気でなんだかイヤダ。
それよりも小さなクルマでおしゃれに走るのがとてもカッコいい。

特に都会では細い抜け道を、すいすいと泳ぐように走るのがとても気持ちいい。

大きさや重さに気分を邪魔されることなく走れて、日常使いの領域を飛び越えることのないちょうどいいパフォーマンスをたっぷり引き出し走るのは、もうそれだけで快感である!
インプレッション
 
 
 
冬の真っ只中の京都。そんな中でも天気が良い日に巡り合えて良かった。程よい寒さと独特の咆哮がブレンドされた古都の街並みは最高に美しい。すっかりその美しさにやられたボクは、ゆっくりとマティスを走らせることにした。

よく切れるハンドリングと、すいすい走るこまわりのよさで、どんどん細い路地を分け入っていく。

木造の町家の脇にチョコンと佇んだイタリアンデザインミニカーは、まるで場違いな所に来てしまったと恥ずかしがっているようであるが、それがしばらくたつと不思議に溶け込み始めた。

最近の日本車のワンボックスカーに比べると、確かにパワーは圧倒的に非力に感じるかもしれない。

でもこのマティスは、下品なボーズレーサーもどきの連中とは、交わることが無い存在でありオシャレに京都の街並みを泳ぐように走る小粋なヴィークルとして際立つように思えてならない。

マティスに与えられたキャラクターはこのように不思議である。イタリアンデザインをまとい、古都には馴染まなさそうに見えながらスッと溶け込み始める。存在を主張してなさそうで、見た人に癒しのイメージを与えてしまう。何か微笑んでしまう顔が気を許してしまうのである。

気張らず、気取らず、普段の自分のスタイルで乗っていると不思議にいつの間にか馴染んでしまう。そんなふんわりした気分が似合うそんなクルマがこのマティスであると思ってしまう。不思議なスモールカーであった。

 

京都にあるカーショップ「NORTH SHORE」のご案内
「NORTH SHORE」が提案する。新しいカーライフ
「NORTH SHORE」のスタッフの紹介
「NORTH SHORE」がオススメするクルマのインプレッション
HOME
このページのトップへ戻る
Copyright(C) 1999-2007 NORTHSHORE All rights reserved.
有限会社エル・オー・ジー〒615-0054 京都市右京区西院月双町51 TEL:075-323-3800