Import Car Shop North Shore |ノースショア
最新ニュースはこちら
店舗紹介
 
ポルシェと聞くと大概の人は間違いなく「スポーツカー」だと答えると思う。またポルシェの場合、中途半端な「スポーツカーもどき」ではなくて「リアルスポーツカー」に位置するクルマであると認識されているだろう。そう言う意味から言ってもカイエンの立ち位置がもうひとつ釈然としていなかったのは事実であった。

サーキット走行、ラリー、グランドツーリング、クロスカントリーいろいろなアプローチのあるスポーツカーというジャンルは、ある意味何でもありと言う感じもあるが、そうでもない一面もある。

最近の日本車は「ミニバン」全盛でありそこに無理やり「ファミリー」であったり「ユーティリティ」であったりと言った言葉が氾濫しているが最近そこに「スポーティー」という言葉が使われ出したりもしている。"エンジンの馬力を上げただけ"とか""車高落としてみただけ"といった事だけで実に安易に「スポーティ」が使われているが、実際スポーティ(スポーツ感を感じる車)なのか疑わしい限りである。

車においてスポーツという定義は非常にあやふやで「使ったもの勝ち」といった様相であるが、それでもやはりスポーツカーと名乗れるだけの物がないと使ってはいけない。

そういう意味で言うとポルシェは、後部エンジン・後輪駆動( RR )であって流麗なシルエットを持ち、軽快なハンドリング及びアクセルを踏みたくなるエンジン音。まさに走る事の喜びを感じることのできる純粋にスポーツカーなのである。 しかもどの年代のクルマを見ても一目でポルシェとわかるのが凄い所だ。

不変的はポルシェデザインと哲学、これがポルシェが世界中で受け入れられ、憧れの車でありえている理由だと思う。

カイエンは、そういったポルシェのイメージに浸っている人々に驚きを持って迎えられたクルマである。
インプレッション
 
 
 
実物のカイエンは雑誌等の写真よりずっと気品が合って美しい。実物を目の前にするとうっとりしてしまう。 特に今回試乗したブラック系はかなり見とれてしまうほど美しい。
SUV ではあるが、カレラの気品ある美しさの雰囲気を感じることができるのである。まさに「デザインの妙」ポルシェデザインの面目躍如というか凄さを感じる。カイエンを実際に眼の前にすると、やはりポルシェはポルシェだと言う事がひしひしと伝わってくる。

じっくりと眺めていて気がつくポイントは、ライバル車より車高が低くややクーペスタイルであるという事。 プライバシーガラスが設定されているので角度や距離によってはまったく内装が見えない。 とのカバーも日本車だと隙間から荷物が見えてしまう車が多いがこの車はまったく見えない。 フロントのデザインはポルシェのイメージを無理やりハメ込んだように感じるが、リアのデザインは数多くのSUVの中でも秀逸である。一番美しいのではないかとさえ感じる。まぁあくまで個人的な見解ではあるが(笑

内装は、ラグジュアリーとスポーツをうまく両立させている。日本車だと木目調パネルをつけたがるが、あえてそういう小細工はしていない。本革や本革に近い材質を使って隅々まで高級感を演出している。 シフトゲージなどうまくアルミ系の色と革系の色を使い分けて高級感も出しているが使いやすさも追求されている。

ステアリングは大きめだが取り回しがしやすい。メーター類も見やすいように配置され淵をアルミ系の色で縁取る事によって視認性が高く見た目もカッコイイ。 ドリンクホルダーも使いやすい位置に配置されていて日本車よりも使いやすいのではないだろうか。 シートはユッタリとした乗り心地で、角度や上下の調整幅が大きいのでどんな体系の人でも安心して乗ることが出来る。長時間のドライブも苦にならないだろうと感じた。後部座席も手を抜かず足のスペースも広々確保されている。当然SUVなので荷物がたくさん乗ることが出来て大人数でのドライブにも充分対応できる。

実際に運転してみて感じた事であるが、クーペルックの割には意外と死角が少なく視野が広い。

今回右ハンドルに乗ったのだが乗りやすかった。ただ、車幅が 1,900 mm あるので左の感覚がつかみ辛いのが難点か。コレは慣れるしかないだろう(笑
カイエンはかなり大柄なので振り回されるのでは・・・?といった雰囲気を持っているのだが意外にステアリングが軽快且つ素直に効いてくれるので、ある程度の車速でステアリングを操作して左右に曲っても揺り返しがほとんどない。アクセルは踏んだ量だけ加速してくれるのだが、うるさい訳ではなくエンジンの低回転域でもほとんどエンジン音は車内に入ってこない。 しかし、高回転域では逆にエンジン音をうまく車内に取り入れて程度の良いスポーツ走行を堪能する事が出来るように演出されている。

ブレーキはかなり利きすぎるので、慣れないと急ブレーキを踏んだように車の揺れが来た。サスペンションは、柔らか過ぎず硬すぎないので乗りやすく感じた。

ティプトロニックは普通の道路においては、2 速でホールドしてあげると法定速度程度でエンジンが高回転域に達するのでその辺りでエンジンを回すと、甲高いエンジン音と共に力強い加速が味わえて実に楽しい。 ハイパワーなスポーツカーでの非現実的な加速とまでは行かないものの、これはこれで加速感は十分に楽しむ事ができる。

ステアリング操作も軽快で楽しめるしブレーキの利きも良いし乗り心地もいい。

一般的なSUVには魅力を感じない「リアルスポーツカー」好きな人にも、充分満足できる雰囲気と実力を兼ね備えたクルマであることは間違いない事実である。これはもう「流石はポルシェ」と言うしかないであろう。。。

<今回紹介した車両>
【ポルシェカイエン】
・平成17年式(2005年モデル)
・正規ディーラー車
・グレード:3.2ベース
・右ハンドル(ディーラー車の3.2には左Hは存在しません)
・色:バサルトブラック
・走行:16000km
・車検:平成22年2月
・黒革シート
・HDDナビ&TV&Bカメラ(社外)
・ガラスサンルーフ(新車オプション)
・キセノンヘッドライト(新車オプション)
・ETC
・リア席ヘッドレストモニター×2(社外)

 

京都にあるカーショップ「NORTH SHORE」のご案内
「NORTH SHORE」が提案する。新しいカーライフ
「NORTH SHORE」のスタッフの紹介
「NORTH SHORE」がオススメするクルマのインプレッション
HOME
このページのトップへ戻る
Copyright(C) 1999-2007 NORTHSHORE All rights reserved.
有限会社エル・オー・ジー〒615-0054 京都市右京区西院月双町51 TEL:075-323-3800